KIRYU 桐生大学/桐生大学短期大学部

FOLLOW US

  • LINE
  • YouTube
  • Instagram
ホーム > 概要 > 建学の精神

大学概要 建学の精神

建学の精神

社会に出て役立つ人間の育成

教育方針

実学実践

 

桐生大学及び桐生大学短期大学部を設置する桐丘学園は明治34年桐生市に設立された桐生裁縫専門女学館を礎とし、21世紀の幕開けと同時に創立百周年を迎えた歴史と伝統のある総合学園です。創立者は明治の女性でありながら当時の社会通念を超えた「女性の経済的自立」をめざして、高い教養と確かな技術の修得を実践する教育を施し、「社会に出て役立つ人間」である地域産業を支える多くの人材を世に送り出してきました。現在この建学の精神は、「実学実践」という学園の教育方針の中に脈々と受け継がれています。

学園の高等教育機関は、昭和38年に桐丘女子短期大学が設置されて以来、今日の桐生大学及び桐生大学短期大学部に至るまで建学の精神である「社会に出て役立つ人間の育成」を基礎として、常に社会の変化に対応し時代が求める人材の育成を図るための教育を実践してきました。
平成20年に設置された桐生大学では「高い教養と確かな技術の修得をめざした「実学実践」による幅広い職業人の育成」を教育理念とし、同年名称変更した桐生大学短期大学部は、「専門知識・技術を身につけ、スペシャリストとして社会で活躍できる人、リーダーシップをとれる人の育成」を教育目的としています。そして、地域社会において優秀な人材を提供するため、基礎教養の知能を授けると共に専門原理の探求と応用技能を修得させ、自ら進んで思索し、自由と責任、独立と共同の意識を学習することを目的としています。特に、学生の個性を重視し、知育・徳育・体育の三育を中心に健全強固な意志と社会的・美学的素養を身につけ、国家並びに世界の平和と幸福増進に協力寄与する人材の育成を目指しています。

桐生大学は、医療保健学部看護学科・栄養学科、そして平成23年に設置された別科助産専攻の1学部2学科及び1科を擁しています。

桐生大学短期大学部は、生活科学科とアート・デザイン学科の2学科を擁しています。
桐生大学及び桐生大学短期大学部は、大学をとりまく環境全体を大切に考え、実践を通じて地域社会との交流を深めるため、学業や研究活動の面だけでなく、福祉ボランティアや公開講座、スポーツ、文化、環境保全などの活動を、「人間教育」として組み入れています。

  • 受験生のみなさん
  • 在学生のみなさん
  • 卒業生のみなさん
  • 企業一般のみなさん
  • 学科案内
  • 入試情報
  • 学費奨学金
  • 施設案内
  • OPEN CAMPUS
  • ガイダンス
  • キャンパスライフ
  • シラバス
  • 教務課・学生課 お知らせ
  • 図書館
  • 就職
  • キャリア教育
  • 学費奨学金
  • 各種証明書
  • 科目等履修生
  • 奨学金の返還について
  • 就職先
  • 求人
  • 図書館
  • 教職員の採用
  • 科目等履修生
ページの先頭へ