KIRYU 桐生大学/桐生大学短期大学部

FOLLOW US

  • LINE
  • YouTube
  • Instagram

環境データ

廃棄物計量のデータ

平成26年度の環境保全活動実施としてのゴミの分別化について

  ゴミの分別化を徹底することにより、可燃性ゴミを削減化できることはよく知られていることです。桐生大学では、平成26年度より、ゴミ収集所に集められたゴミ袋を観察して、分別がなされていなかった場合をカウントして分別状況を把握し、これを改善することにより可燃性ゴミの削減化につなげようとしました。 

 平成26年度に、分別できていなかった回数は25件で、試験的に分別状況を検討した平成25年度の52件と比較して、改善が観られました。これらのことから、可燃性廃棄物削減されているものと考えられました。 

太陽光発電システムによる出力発電量

平成26年度における太陽光発電発電量について

平成26年度の一年間に、太陽光発電システムによって発電された電力量は14,818.61 kWhでした。 この電力量は7,720.49 kgのCO2を削減したのと同様の結果です。
なお、CO2排出は環境省による、 平成26年12月に公表した係数を用いて計算した排出量です。

  • 受験生のみなさん
  • 在学生のみなさん
  • 卒業生のみなさん
  • 企業一般のみなさん
  • 学科案内
  • 入試情報
  • 学費奨学金
  • 施設案内
  • OPEN CAMPUS
  • ガイダンス
  • キャンパスライフ
  • シラバス
  • 教務課・学生課 お知らせ
  • 図書館
  • 就職
  • キャリア教育
  • 学費奨学金
  • 各種証明書
  • 科目等履修生
  • 奨学金の返還について
  • 就職先
  • 求人
  • 図書館
  • 教職員の採用
  • 科目等履修生
ページの先頭へ