KIRYU 桐生大学/桐生大学短期大学部

FOLLOW US

  • LINE
  • YouTube
  • Instagram
ホーム > BLOG > 生活科学科BLOG > 第20回群馬県きのこ料理コンクール最優秀賞

第20回群馬県きのこ料理コンクール最優秀賞

更新日:2019年12月03日

こんにちは!12月に入り、今年もあと1か月切りましたね。

11月30日(土)第20回群馬県きのこ料理コンクールに田中ゼミは今年も応募しました。

昨年も書類審査を通過し本審査へと進みましたが、今年はさらなる上を目指し、反省点を分析しメニューを考えました。

昨年よりも200件程多い応募総数588件の中から、本審査12件に選出され、本審査に行ってきましたよ!

生活科学科2年生 土屋乃々花さん(桐生第一高 調理科出身)が挑みます!!

調理科で調理師免許を取得し、マイ包丁を研いで調理審査に臨みました。

開会式の後、調理開始です。60分以内で4人分を作ります。

「おいしさ」「アイディアの斬新さ」「調理のしやすさ」などが審査基準になります。

審査員の方に、いろいろ質問されていますね。

えのき茸を揚げる、というのが斬新というお褒めのお言葉を頂きました♪

おつまみにもちょうど良い、食べたら止まらない良いお味がしますので、皆さんもぜひ♡

時間も余裕をもって完成しました。

「えのきステーキの和風梅バーグ~きのこあんかけ~」完成です!

えのき茸の石づきの部分は普段は捨ててしまいますが、端の方だけを切り取り、

丸ごと使用していろいろな食感が楽しめるようにし、ハンバーグの種には、

カリカリ梅と白菜の芯、えのき茸を粗く刻んで練りこみました。

和風あんかけソースには、生しいたけとえのき茸、上には揚げたえのき茸を

乗せました。きのこをふんだんに使い、きのこの良さ・旨味・新しい食べ方を

うまく組み合わせられるように工夫しました。

 

審査会場にセッティングし、審査を待つ間、他の出場者の方の作品を試食しました。

個性溢れる作品が多く、こんな使い方があるんだ!と勉強になりましたね。

どの作品もおいしかったです。

審査員と出場者で記念撮影。

いよいよ表彰式です。ドキドキしながら発表を待ちます。

な、なんと!一番目「最優秀賞(群馬県知事賞)」で名前が呼ばれました。

ビックリしすぎて、声が出ませんでした。

上位に入れたらいいな、という希望はありましたが、まさか最優秀賞を頂けるとは!

味がよく、ハンバーグやトッピング、あんかけにもキノコが使われ、捨てるところまで

使っていたことが評価されました。

土屋さん本当によく頑張りました!!おめでとう(*^▽^*)♪

来年3月に東京都で開かれる全国大会に出場します。

栄養士の卵として、レシピの再検討、練習を重ね、気合を入れて本番を迎えたいと思います。

ぜひ応援よろしくお願いします。

~追加~

昨日のブログアップの後、理事長先生、学長先生、副学長先生へ最優秀賞と全国大会出場のご挨拶に伺いました。

大変喜んで下さいまして、力強いエールを頂きました!!

全国大会に向けて、さらなる努力を重ねていきたいと思います。

「木」の賞状はとてもステキで、軽くて先生方も驚いていました。

インスタにエピソードが書いてありますので、そちらもチェックして下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 受験生のみなさん
  • 在学生のみなさん
  • 卒業生のみなさん
  • 企業一般のみなさん
  • 学科案内
  • 入試情報
  • インターネット出願/学生募集要項
  • 学費奨学金
  • 施設案内
  • OPEN CAMPUS
  • ガイダンス
  • キャンパスライフ
  • シラバス
  • 教務課・学生課 お知らせ
  • 図書館
  • 就職
  • キャリア教育
  • 学費奨学金
  • 各種証明書
  • 研究生
  • 科目等履修生
  • 奨学金の返還について
  • 就職先
  • 求人
  • 図書館
  • 教職員の採用
  • 科目等履修生
  • 聴講生
ページの先頭へ