学校法人 桐丘学園

人間づくりのできる学園を目指して ごあいさつ

  本学園は1901年桐生裁縫専門女学館として、番 幹子により創立されました。文明開化の風潮、婦人の社会参加を背景に女子の教育を求める声が高まる中、いち早く女子教育の必要性を認識し、「女性として自立するための自覚と技術を身につける」ことが創立の目的でした。
以来百年という長きにわたり、実学実践の気風を示す学園の先見性と志の高さをもって、今日まで県教育界の先駆者の務めを果たして参りました。
 そして、今日では、桐生大学・桐生大学短期大学部・桐生第一高等学校・桐生大学附属中学校・桐生大学付属幼稚園を整え、総合学園として地域に根ざした学校づくりを目指しています。
 今後の教育に欠かせないものは学生と教職者の間に交される「知」を挟んだ日常的な心の交流と考えています。
どんな時代でも「他人を思いやる心」「それぞれの個性」「人と人の絆」を大切にし、「悦己悦人」他人の悦びをもって、私自身の悦びとできる教育、そんな「人間づくり」のできる学園として、100年という伝統と歴史の上に新たなる輝きを築き上げてゆき、これからもなお一層地域に根ざした教育機関として、その使命が果たせるよう邁進して行く所存であります。

学校法人 桐丘学園 理事長 せきざきえつこ