ページの先頭へ

人生を支える
食は一生モノ

あなたの未来見えていますか?

人口減少や少子高齢化社会、
AI(人工知能)の活用など
世のなかは大きく変化しています。
そんな変化の激しい時代を
生き抜くために「生きる力」が必要です。

桐生大学 栄養学科なら、
一生モノの未来、見つかる。

栄養学科では、実践参加型の学びを通して、
人を思いやる共感力や社会に
役立つ実践力を養います。
生きるために欠かせない、
一生モノの食を学び、
人々の健康に貢献できるわたしへ。
あなたの一生モノになる4年間が、
ここにはあります。

管理栄養士とは

人びとの健康と生活を
「食」から支えるための
栄養管理、栄養教育・指導を行い、
医療や教育現場などで
活躍できる専門家

どんどん広がる
管理栄養士の活躍の場

桐生大学 栄養学科では、
高度な専門性と人の心に寄り
添う「共感力」を兼ね備えた
管理栄養士をめざす

特徴1

特徴1

管理栄養士に必要な知識と
技術を学べる

充実したカリキュラム

桐生大学では、目指す管理栄養士像が実現できるよう、
「栄養教育能力」「マネジメント能力」「コミュニケーション能力」
の3つのスキルを体系的に学べるカリキュラムを用意。

4年間を通じて、食や栄養の分野から病気の治療や健康維持に貢献できる知識とスキルが習得可能。

桐生大学で学べる
”3つのスキル”

  • ①栄養教育能力

    健康の保持増進、疾病の一次・二次・三次予防のためのライフステージ・スタイル別対象者に応じた栄養教育を行う能力が必要です。そのために、一人ひとりの身体状況や栄養状態の課題や問題点を把握し支援することができる能力を習得します。

  • ②マネジメント能力

    栄養教育計画、栄養ケアプラン、給食経営管理などを企画・立案する能力が必要です。保健・医療・福祉・介護・教育システムの中で、栄養面、安全面、経済面全般を管理・運営する能力を習得します。

  • ③コミュニケーション能力

    患者や対象者に応じた栄養管理・教育を行うためには、他職種との連携の重要性を理解し、実践力とともにコミュニケーションを円滑に進める能力が重要となります。特に、専門科目において、相手に伝える、理解するなどの手法としてのプレゼンテーション能力を養います。

実践力を身につけられる”臨地実習”

臨地実習の総時間(2018年度)

270時間

早期体験合同実習+給食経営管理論実習+臨床栄養学実習+公衆栄養学実習

桐生大学では、臨床現場、給食施設、行政機関など幅広い臨地実習施設を用意。1年次の早期体験合同実習をはじめ、多くの実習を通して現場に欠かせない、高い能力を身につけた管理栄養士になるための知識や技術を習得。病院の実際や仕事内容、他職種との連携について学習するなど、実践力と対応力を磨きます。

  • 1年次
    食と栄養に携わる専門家としての意識づけ
  • 3年次
    チームで協働する姿勢を学ぶ
  • 4年次
    学んだ知識を実践に結びつける
  • 早期体験合同実習

    大学入学後の早期に、医療・福祉・地域保健・学校教育及び食品関連企業の現場にふれる体験を行います。

  • 給食経営管理論実習

    学校給食や事業所給食などの施設で、大量調理の献立・サービス・衛生管理などを学びます。

  • 臨床栄養学実習

    病院における管理栄養士としての知識・技術を習得します。

  • 公衆栄養学実習

    都道府県の保健福祉事務所(保健所)や市町村の保健センターで行われる実習です。

特徴2

特徴2

担任制度による
きめ細かな教育体制

担任・副担任・助手の複数の教員で学生一人ひとりをきめ細かくフォローしているのが桐生大学の特徴。

学習の進歩や将来の志望を踏まえた進路相談に至るまで、4年間にわたり丁寧な指導・教育を実施します。

なごやかで居心地の良い
”学習空間”

学生と教員の距離が近く、コミュニケーションがとりやすいのも桐生大学の魅力です。また、学生一人ひとりの個性に合った学習支援を実施。入学前からガイダンス等を通して、基礎から分かりやすく教育します。同じ目標に向かって仲間と共に励み、充実したキャンパスライフが送れます。

特徴3

特徴3

学生全員の合格をめざした
国家試験対策

学びの領域が多岐にわたる管理栄養士国家試験。確実に合格するには、効率の良い学習が不可欠です。

桐生大学では、外部の模擬試験に加え本学独自の模擬試験の実施、教員による専門分野の個別指導、ゼミ形式での試験対策学習など、きめ細かな体制で国家試験に向けた学びをサポート。学生全員の合格をめざし、「顔の見える指導」を実施します。

全員合格を目差す 国家試験
”3つのポイント”

  • point1
    特別演習

    基礎科目3分野、専門科目6分野、および応用力問題に対して、細かく解説を行います。苦手科目を作らないための学習環境が整っています。

  • point2
    ゼミ形式での試験対策

    3~6名の少人数指導を実施。担当科目の教員と連携して、苦手科目を克服できるようフォローします。健康管理・メンタルケアだけではなく、学習への意欲を起こさせ、国家試験に向けて頑張る力を養えるよう支援します。

  • point3
    国試対策委員会

    国試対策委員会を設置し、4年担任と連携をとりながらきめ細やかな体制で学生の学びをサポートします。

特徴4

特徴4

確かな実績と希望にマッチした
就職支援

就職率
(2018年度卒業生実績)

100%

就職サポートで強みとなるのが、桐生大学が長年にわたり培ってきた地域連携、卒業生のネットワークです。学生一人ひとりを知り尽くした担任の教員とゼミの教員、さらに学生支援センターが連携しながら、学生の志望に応じた就職支援を実施。学んだ専門知識を生かし、地域で活躍することが可能です。

病院・学校・老人保健施設・老人福祉施設、児童福祉施設・官公庁・食品会社・ドラッグストア・スポーツ関連施設など幅広いフィールドで活躍。創立以来、118 年にわたり実学実践の理念のもと地域に貢献できる人材の育成に取り組んできた本学ならではのパイプにより病院や福祉の医療系の現場で多くの卒業生が活躍しています。

  • 職種別進路実績
  • 【医療】
    渋川医療センター、美原記念病院、富士ヶ丘病院
  • 【福祉・保育】
    三幸学園ぽけっとランド、純生子育て支援財団駒井町みんなの家、社会福祉法人共愛会
  • 【管理栄養士受託】
    (株)LEOC、日清医療食品(株)、エームサービス(株)、(株)グリーンハウス、(有)コスモス、(株)エムティフード
  • 【食品製造・販売・小売り】
    (株)クスリのアオキ、(株)マツモトキヨシ、(株)カワチ薬品、(株)ヨコオデイリーフーズ、(株)サプリパーク、(株)セブン-イレブン-ジャパン、(株)火の魂カンパニー、(株)はなまる
  • 【一般】
    ELCジャパン(エスティ ローダー)、ミス・パリ、(株)アーバン(メガネハット)

特徴5

特徴5

実学実践に基づく
地域に根差した教育

みどり市との連携事業「健康講座」を開講しました。医師でもある学長による講話後、「生活習慣病予防のヒント」~簡単!できる!予防と改善の食生活~ と題し、栄養学科3年生がプレゼンテーションを行いました。栄養教育能力、コミュニケーション能力などが問われるため、このような経験を積むと管理栄養士に必要とされる”3つのスキル”の修得につながります。

栄養学科には特待生制度が
導入されています。

授業料免除額
年間最大

95万円